急性副鼻腔炎

副鼻腔炎には漢方薬で体質改善

副鼻腔炎とは、どういう人がなりやすいか、なんて傾向はあるんでしょうか?

 

なりやすいのは、血行が悪い、血液ドロドロ、冷え性、水分代謝の悪い人と言われています。

 

このような体質だと、免疫力が落ち、細菌を追い出しきれなくなるため、いつまでも副鼻腔炎の症状が変わらないのです。

 

こんな副鼻腔炎には、膿を出す、排膿系の漢方薬がいい効果を出します。

 

その時には、血行や冷えを改善する漢方の薬を一緒に使うと更にいい効果が期待できるでしょう。

 

漢方による体質の分析では、体力が落ちているときには、鼻から鼻水や膿が出せずに喉のほうから落ちることが多くなります。

 

これらのことから、副鼻腔炎、特に慢性化した副鼻腔炎の治療には次のようなことが必要になります。

 

症状を抑えるだけの治療をしていても根本的な改善は難しいと思ったほうがいいと思われます。

 

どうして副鼻腔炎になったのか、どうして副鼻腔炎の症状が悪化するのかをしっかり考えて、漢方薬治療を行うことが重要になります。

 

その上で、どうやって・根本から・楽に・早く症状を改善するのか、が一番重要なんです。

 

そのためには、治療に通う手間をかけず、西洋薬のように口の渇きや眠気やだるさなどの副作用を起さずに、体質改善ができる漢方薬。

 

小さな子供や授乳中でも服用できる安全で、自分で薬の量を調節できるような漢方薬、を勧めるようにしています。

 

それが一番楽な方法ですからね。