急性副鼻腔炎

副鼻腔炎などの感染症に使う薬のサワシリンとは?

サワシリンとはどんな薬なんでしょう?

 

細菌の細胞壁を破り、細菌を死滅させるペニシリン系の抗生物質の一種です。

 

感染症の治療に効果があって、ペニシリン剤の中でも一番よく使われている薬がサワシリンだと言えるでしょう。

 

効果のある細菌は、グラム陽性菌・グラム陰性菌の両方の細菌(赤痢菌、大腸菌、変形菌、インフルエンザ菌、腸球菌、連鎖球菌、肺炎球菌、ぶどう球菌、淋菌(りんきん)など)などです。

 

呼吸器の感染症(扁桃炎・咽頭炎・喉頭炎・猩紅熱・肺炎・気管支炎など)、目・耳・鼻の感染症(眼瞼膿瘍・麦粒腫・外耳炎・中耳炎・副鼻腔炎など)、歯の感染症(歯槽骨炎・智歯周囲炎・抜歯後感染など)、泌尿器・尿路の感染症(腎盂腎炎・膀胱炎・尿道炎・前立腺炎・子宮内感染など)、皮膚の感染症、性感染症(梅毒・淋病など)、乳腺炎、細菌性心内膜炎、腹膜炎、敗血症、炭疽病、関節炎、リンパ節炎といった感染症の治療、やけどや手術後の二次感染の治療にサワシリン用いられることが多いです。

 

その中でも代表的なアンピシリン製剤は、古くから使われている天然型ペニシリン製剤と比べても、グラム陽性菌への効果は弱くしてあります。

 

トシル酸スルタミシリン製剤は、長い間使っていても効果が効き続けるようにした新薬で、治りにくい呼吸器や尿路の感染症治療に使われます。

 

アモキシシリン製剤は、消化性潰瘍のヘリコバクターピロリ菌の除菌の補助や胃MALTリンパ腫・特発性血小板減少性紫斑病・早期胃がんの内視鏡治療後のヘリコバクターピロリ菌の感染症に使います。

 

それに、2つのペニシリン剤(アンピシリン製剤と耐性ブドウ球菌用ペニシリン剤)を合わせた複合剤も使われることがあります。